政策

東村山の歴史、文化、自然を大切にし、次の世代にしっかりとつないでいく、ひとづくり、まちづくり。

1.現場主義(地域のために働く)
今、現場で何が起こっているのか、困っていることは何か、市民のお一人おひとりの異なった声を大切にし、また、社会動向を敏感に感じ取り、仕事に迅速に反映させていきます。

2.防災で強いまちに『防災の原点は地域にあり』(安心・安全なまちづくり、まちの価値の向上)

①地域防災力の強化に向けた取り組みへの支援>>>災害があっても自分たちの命、自分たちのまちを助け支え合うまちづくり推進のため、自治会や自主防災組織の活動への支援、避難行動要支援者対策を推進します。

②緊急時のインフラ整備>>>大規模災害時における市民の飲料水確保のため、災害時給水ステーション(給水拠点)の設置に努めます。

③誇りのもてる美しい町並み・公園づくり>>>多摩湖自転車歩行者道や市民の憩いの場である公園について、市民が安心して楽しく利用できるよう、緑化や防犯カメラの設置等の整備を推進します。

3.くらしやすい、まちづくり(まちの利便性の向上)

①コミュニティバス等地域公共交通網の充実>>>市役所や運動公園、スポーツセンターなどの公的機関へ誰もが外出しやすく不便を感じさせない等、地域公共交通網の整備の充実を推進します。

②「憩いの家」等公共施設の再生の推進>>>老朽化した「憩いの家」等の公共施設について、公民連携も含めた再生に向けた取り組みを推進します。

③「第二保育園」の利活用>>>民営化後の第二保育園について、地域における市民の交流拠点としての利活用に向けた取り組みを推進します。

4.活力あるまちづくり

①中小企業・小規模事業者支援>>>市内にある3600の商工業者は、地域経済のみならず、地域の雇用を支えており、地域のとって重要な役割を担っています。商工会・地域金融機関等が行う中小企業・小規模事業者に対するきめ細やかな支援のさらなる充実に取り組みます。

②創業支援>>>若者、女性、高齢者等多様な人材による創業支援は、地域の活性化には重要です。そのため、新たに起業を目指す創業者に対する支援に取り組みます。

東村山市議会議員 下沢ゆきお

All right reserved by shimozawa-yukio.net